任意整理というものは一般的に債務整理というふうに言われていて、おのおののお金の貸し手に対して借金の支払いを行っていくことを選択した債務の整理の選択肢です。実際の流れですが司法書士有資格者あるいは債務処理経験のある弁護士債権を有する者と債務者との中に立って相談し、利息を定めている法律によって利息の引き直しをして一から計算した借金の元金にかかる利子を削減する方法で36か月程度の期日で返済をしていく借金の整理の順序です。この場合は警察などをはじめ公的機関が処理しませんのでそれ以外の選択と比べた場合でも利用したときのデメリットが最小で、過程も依頼者にとってほとんど重荷がないためまず最初に考慮する必要がある方法といえます。それから、貸方が街金みたいな高額なだった場合は法で決まっている貸出金利に加えて返した借入金利分については借入元金に適用すると考え借入元金を少なくしてしまうこともできます。ですので、ヤミ金業者といったような高額な年利を取る業者へ長期間返している例では支払額を減額できる場合もあり15,6年とか返済し続けている例では負債そのものが消滅してしまうような場合もあります。借金の整理のメリットですが、自己破産手続きとは異なり特定のお金だけをまとめていくことが可能なため連帯保証人が関連する借入を除いて整理する際やマンションのローンを除き整理をしていく際などにおいてでも用いることが可能ですし築き上げてきた資産を処分することは必要とされていないので、投資信託や不動産などの個人資産を保有していて、処分してしまいたくない場合においても有力な選択肢になる債務整理の方法になるでしょう。ただ、手続き後の返済に必要となる額と実際として可能な手取り額を検討して適切に返済の目処が立つようである場合は任意での方法を選択するほうが良いといえますが、破産申告と違い負債そのものがなくなるというわけではありませんので合計がかなりある場合には任意での整理の選択肢を選ぶのは困難になるということになるでしょう。